るーつ企画

「るーつ企画」は2017年6月から,歩み始めました。いままで、「あるほなつき」として表現活動を行って参りましたが、2017年2月から小冊子「月刊あるほなつき」を発行し、表現活動を形にする試みをはじめました。その結果、おのおのの活動も形に出来る可能性を感じ、「るーつ企画」として、活動していくことに致しました。

あるほなつき

山形県を中心に表現活動をしている、写真作家:前田有歩と、絵本作家:さとうなつきのユニットです。
表現活動は「ふたり展」「映像制作」「パフォーマンス」を中心に。また、あらたな表現の場として冊子「あるほなつき」(月刊)を2017年2月に創刊いたしました。
同時に、「もっと自由に、絵や写真をたのしんでもらいたい!」という思いから、「表現教室・授業・講座」を行っております。出張講座も承ります。ぜひお声がけ下さい。

あるほなつき
alfonatsuki@rootsplanning.jp

さとうなつき(絵本作家)

岩手大学大学院教育学研究科
上越教育大学
岩手県立黒沢尻北高
山形県最上郡在住
岩手県北上市出身
1976年3月3日
イタリアの画家フランチェスコ・クレメンテに影響を受け、大学、大学院時代に抽象画を学ぶ。中学校美術講師を経て、結婚を期に真室川町へ。子育てをするなかで絵本の魅力にとりつかれ、自ら描くようになって十年。制作した手作り絵本は三十冊を越える。
おおしま国際手づくり絵本コンクール2016 最優秀賞・文部科学大臣賞 受賞
5人の子の母。

前田有歩(まえたあるほ)(写真作家)

慶應義塾大学 理工学部
筑波大学附属高
山形県山形市在住
東京都足立区千住出身
1974年6月3日
版画家の父の影響を受け、大学美術部に入部。街角の風景や、人物を撮り始める。調理師・築地仲卸などを経て、結婚を期に山形市に移住。畑を耕したり稲作を通じて自然と触れ合うなかで、住んでいるところから発信して、見ていただく方の記憶と結びついて共感を得る作品制作を試みている。
2人の子の父。