雪の里情報館の中庭にて。

あるほなつきのプロジェクト、『ポートレート』
このプロジェクトは、その時の空気そのものをいかに表すかという挑戦でもあります。
カメラで撮るというケースでは、その時、カメラを持っていないと撮れないし、その時、その人がいないと撮れない。
「事前に撮ろうとする気持は、邪魔をする」と、有歩さんは言います。

知らず知らず、撮影のたびにジャンプをしていて、いつの間にかjumpシリーズができあがりました。