【写真から絵へ 絵から写真へ】
有歩さんは、作品を作るとき、その場に真にむきあっている。それは、そこに存在しているものをありのまま受け入れる、ということだ。
「絵は、いいよね」と、いつか言っていたっけ。
そもそも、描きたいように描くのだから。