「ピンク色の空気がほしいの」

あるほなつき作 『空気売りの少女』より

パントマイミストと少女のくだりです。空気売りの少女に優しい気持ちを残していく場面。爽やかな風が吹いているようなメロディにのせて。