最近、お互い持っている写真集や画集を、じっくり見る時間がありました。

“つくる”のと同じくらい、“みる”っておもしろくて創造力かきたてられるものだな、と、ワクワクしました。

そしたら、とにかく描きたい(撮りたい)気持ちに任せて描いてみたい(撮ってみたい)という気持ちと、じっくり熟慮して描いてみたい(撮ってみたい)という気持ちが同時に生まれて、心地よい感じです。

今まで撮った写真も、描いた絵も、それはそれは捨てるほどあるのかもしれないけれど、どれもその時その時の大事な1枚であることは確かで。

こんな、何気無い鉛筆画だって…