「なっちゃんの経験や知識が僕のものになるし、僕の経験や知識もなっちゃんのものになるって、すごいことだよ!」

2年くらい前、あるほなつきで活動しようとなったときに、あるほさんにそう言われた。そんなものかな、と思っただけで、それがどういうことなのか、よくわかっていなかった。

空気の絵本を作ろう、という話をあるほさんがした時、あれは、ほんとにワクワクした。あるほさんが今まで私に話してくれたことやその考え、あるほさんの作品など、いろんなことがどどーーーっと私の頭の中にあふれて、いっきに物語が湧いてきたんだ。
もし誰か先にそんな本が出ていたら?とおもって、本に詳しい早坂さんに聞いたのも、そのときだった。1年以上前。私はその夜、いっきに怒涛のごとく3つの空気のお話を書いた。それはそれは、すらすらと。あたかも自分が経験したことがもとになっているかのように!今読んでみると、時空列もなにもあったもんじゃないめちゃくちゃなものだったけれど、いいんだ!あるほさんはこれらを、あるほさん自身の経験と知識を持って、緻密に論理立ててお話を作り上げてくれる。いつでも、そんな確信と安心感があるんだ。

ひとりで書いていた時は、ひとりで1つの完成を目指していた。自分以上のものが出来るわけがなかった。
‘あるほなつき’は、あるほさんとわたし、2人分の経験と知識で、ストーリーは生まれ、絵が描かれていくのです。