カッター作業

作業1
紙には、紙の目があります。縦目、横目です。繊維の方向によるちがいです。さて、『空気売りの少女』のためのハードカバーを作成しています。
ボール紙の紙目指定でのオーダーカットが出来ないので、泣く泣く、正方形から、表紙のために紙目を確かめながら、切り出しています!ナイスアイディア!
(*紙目指定でオーダーカットしてくれないかなぁ…)

作業2
天と地と小口をきれいにカットする。
今回はめくり式絵本ですので、小口は、緻密な計算と、印刷のズレや、スピードとの兼ね合いによるズレを勘案しバランスを考慮して折り曲げています。
めくり絵本のために、多少の不揃いを許容しています。
しかし、天と地ぐらいは、すっと奇麗にカットしたい。
市販の本では当たり前なことも、手製本となるとこれは、なかなか難しい作業です。これをカッター作業でこなしています。2ミリのボール紙でさえ、断面を真っ直ぐに切り落とすのはたいへんでしたが、何千回も切ったおかげで、8ミリの厚さも、スッと真っ直ぐきれいにカット!